よく見ると・・・

赤坂のKタワー(元鹿島建設本社の跡地)

白い枠は外壁枠でなく、構造体の柱梁が見えている。コンクリート強度Fc150の高強度コンクリートを使用し、細い柱を四つ組合わせている。

実は、よく見ると・・・

 

 

 

 

 

建物の四角に配置されたオイルダンパーが外から見える制震構造になっている。

 

 

 

 

 

 

この部分を拡大すると、黒いオイルダンパーが斜めに配置されているのが、

 

外部からでもしっかりと見ることができる。

 

カテゴリー: 都内超高層ビル散策 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です